THE LIBRARY

ブックアートと手づくり本の展覧会「THE LIBRARY」展の公式ブログ

2017-04

「THE LIBRARY in KYOTO」オープニング・トークが行われました

 3月17日(日)、「THE LIBRARY in KYOTO」に開幕に合わせて、カリグラフィーなど文字による作品を中心に制作・発表を続けている清水裕子さん、さまざまなかたちでブック・アート作品を発表している松永亨子さん、手づくりの絵本や雑貨の制作、絵本制作の指導を活動の中心にしている村上浩子さんによって、オープニング・トーク「手で本をつくること」が行われました。
 参加者は、出品作家を含めて20名ちょっと。まずは、手書きの文字による創作「Letter Arts」を展開している清水さんに活動の内容を簡単にお話しいただくことからトークが始まりました。さらに、最近開催された清水さんと松永さんによる展覧会の様子が具体的に話されることで、松永さんの活動に触れつつ、展示空間の中での清水さんの作品の存在が具体的に会場に伝わっていきます。
 続いて、話題は村上さんの活動へ。手作りの絵本を制作されるようになったきっかけや、多くの方に絵本の制作を指導されるようになった経緯、表紙を開き、ページをめくっていくことで物語の世界が広がっていく絵本の世界の楽しさなどが語られました。ここを入口に、松永さんには製本をベースにした活動をもとに、清水さんは手で文字を創っていくことをもとにお話しいただき、メインテーマの「手で本をつくること」へとトークが進んでいきます。この中で話し合われたのは、本のさまざま要素の中から、どんな部分をそれぞれの方が大切だと考えて残しながら、コンセプトを重視して本のかたちから離れる、あるいは本のかたちにこだわってりつつ、自由な発想を込めて作品をかたちづくっていくかということでした。
 40分ほどの3人のトークに続いて、来場者で、かつて松永さんに製本の指導をされた造本作家の山崎曜さんに、本というかたちへのこだわり、手で本をつくること、そこから創られる作品についてお話しを伺い、オープニング・トークが終了しました。

50318-1

関東から来られた方たちも含めて20名ちょっとが参加されました


50318-2
 

左から清水さん、松永さん、村上さん


50318-3

参加者の方たち


50318-5

「手で本をつくること」について話題が深まっていきました


50318-4

トークの最後に、東京から来られた造本作家の山崎曜さんにお話しを伺いました


50318-6

トーク終了後、ほっとした表情の清水さん、松永さん、村上さん





 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://libraryblog.blog.fc2.com/tb.php/85-c89fca25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

THE LIBRARY

Author:THE LIBRARY
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
THE LIBRARY展 (108)
展覧会訪問 (53)
お知らせ (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR